媒体別カーナビの種類

現在、街を行き交う車は外装を見る限りでは昔の車と根本的に変わりがありません。
屋根とドアが付いており、タイヤが4つ付いているという点は、長年変わらずあり続けています。
長年変わらずにあり続けているということは、当時から完成された設計であったという証拠でもあります。
一見、外見を見る限り進化を遂げていないように感じる現代の車ですが、ドアを開けて内装を眺めてみると一昔前の車とは別物です。
現代の車の内装で最も目を引くのが、カーナビと言えます。
ナビ自体は、古くから存在し高級車を中心に利用されてきました。
現在と状況が異なるのは、当時は高級車が主流で現代のように軽自動車まで浸透していなかったという点です。
現在普及しているナビは、音声案内だけではなく様々な機能が盛り込まれています。
ナビの機能は、メーカーの媒体や種類によって異なり、使用実態に合わせて適当なナビを選択するとより一層使い勝手が増します。
各社、音声案内以外で最も力を入れている機能が音楽や映像を再生するメディア機能です。
メディア機能は、スピーカーやウーファーの連携によって使い勝手の良さや音質が変化することから、媒体によって最も変化が起きると言われています。

コメントは受け付けていません。