カーナビのタイプを知ろう

カーナビには大きく2つのタイプがあります。着脱可能(ポータブル)で、車以外でも使用できるもの。そして着脱ができずに、車内で専用に使用するものです。この2つの大きな差は、位置情報の正確さです。着脱型は、GPSだけが位置情報を決める手段です。そのため、走行中にトンネルや、GPS衛星を捕えられない電波条件の悪い場所では正確な位置情報が入手できません。トンネルの中に入ってしまうと移動していないことになってしまい、動きが止まってしまいます。しかし、専用のものは、速度信号を検出できるため、トンネルの中でも正確な位置を地図にそってトレースすることができます。最近の着脱型のものは、ジャイロなどの自立航法ユニットを搭載し、この位置誤差を低減させているものもあります。
また、専用のものはAVと一体化させているものや、メーカー純正品のように、画面上に地図情報だけではなく、エアコンや外気温、メンテナンス情報など色々な情報を表示できるように設計されているものもあります。しかし、このようなメーカー純正品は、載せ替えがきかないため、車の買い替えで使いまわすことができません。かつ、どうしても高価なものになるので、高級車に搭載される場合が多くなります。

コメントは受け付けていません。