カーナビを選ぶポイント

車の性能は、外見やエンジンの大きさ、車内の広さだけではなく、使いやすさが大切です。
地図であらかじめ調べなくても目的地に到着することができるカーナビがあれば、始めていく場所でも躊躇することなく車で行くことができます。
最近はスマホが普及して、スマートホンの画面をナビ代わりに使うことも可能ですが、運転中に操作や確認に気を取られてしまっては、安全にかかわります。
ナビを選ぶときのポイントは、まず、道案内本来の性能である、入力操作のしやすさと検索のスピード、画面の見やすさに注目します。
また、車に装着して使うものなので、意外と見落としやすいのがモニターの角度です。モニターの角度が調節する機種ならいいですが、そうでない場合、自分の車に着けた時に、日差しの映り込みが強くて昼間良く見えない場合もあります。
販売店に相談する場合は、ナビ本体のスペックだけでなく、自分の車の車種を伝えて、適合に問題ないかを確認しましょう。
道案内など、ナビ本体の性能の次に気を付けたいのがオーディオ、ビジュアルの性能です。
テレビがワンセグやフルセグに対応しているか、SDカードやUSBなど、外部メディアとの連携ができるかも調べておくと、後で後悔しなくて済みます。

コメントは受け付けていません。