インダッシュタイプのメリットとデメリット

カーナビゲーションのインダッシュ設置のメリットは、純正装着のように
表面へのでっぱりや凹凸が少なく、付近の装備を操作する時に邪魔になりにくく、また、電源コードなどの露出がないため、見た目がすっきりと取付けできることが最大のメリットです。
カーナビゲーションの操作時においても、運転姿勢の変化が少ない事や視認性が良いこともメリットになります、そしてカーナビゲーション本体の取付けに特別なボルトを使用することで本体を盗難から防止出来ることもあります。
デメリットとしては、取付けに際し装着付近の内装部品の脱着が必ず必要になり、またアンテナの設置の為の内装部品の脱着もあり、取付け作業料金が高額になる事があげられます、最近の国産車では取付け部付近に装着時接続が必要な信号を結線する為のコネクターが用意されていますが、少し古い車両になると信号用に別途、内装部品を脱着する必要がかかり、さらに高額な作業料金となります。
車種によっては自動車メーカー独自のサイズの機器を使用している事があり、後付のカーナビゲーション用に用意された化粧パネルが必要になる事がありますが、これもかなり高額な部品もあり、費用負担がデメリットになると思われますが、見た目スッキリで操作性も格段に良いのでお勧めです。

コメントは受け付けていません。