地図の違い

土地勘の無い知らない土地を訪れる際に必ず必要になるのが、地図です。
マップは、訪れたことのない場所でも地元のように自由に動きまわることができるため、とても便利なツールです。
そのようなマップは、記載されている内容に若干の変化があるとしても、マップ自体が変化を遂げるということはありません。
しかし、車におけるマップの存在というのは時代変化とともに変わってきています。
まず、以前まではマップというと紙のものが主流でした。
紙なので、当然運転中に見ることができないため、確認するには必ず路肩やパーキングなど安全な場所に停車する必要がありました。
ところが、カーナビの登場により、車におけるマップ市場は大きく変化したのです。
ダッシュボードに設置してあるモニターにマップを映し出すことで、運転しながら確認できるのです。
さらに、GPSにより自車の場所も表示され、実際に動いている様子がマップと連動します。
そして、合わせて音声案内もしてもらえるので、目を逸らさずに安全運転を行えます。
そして、現在はスマートフォンによりカーナビを起動させなくてもマップを利用できるなど、進化が続いています。
どれが良いとは一概には言えませんが、使用状況に適したマップを選びましょう。

コメントは受け付けていません。